インプラントの寿命

インプラントの寿命について

インプラントのその後と寿命

インプラント手術で使用される金属は外科手術でも使用されるチタンで、アレルギーや摩耗などが少なく半永久的に使用できる最適な金属で、10年以上を保証している歯科もあります。大切なのは手術が終わってからのその後メンテナンスで、ケアを怠ると寿命が短くなったり再手術をすることになります。自分の天然の歯と同じように歯磨きや歯石の除去をすることが大切です。プラークが原因で起こる歯周病は進行すると歯がぬけてしまいますが、インプラントも同じです。手術後も定期的な検診を行ない、病気を未然に防ぐことが寿命を延ばす方法です。

インプラント治療のその後

失った歯の変わりに人工の歯を固定する治療として、インプラントといわれるチタン製の器具をあごの骨に埋め込んで歯根として利用する方法が人気です。この治療のメリットは、歯並びがきれいに見えることや噛む感覚が本物の歯に近いことなどがあります。そして、最大の魅力は、治療のその後のケアをすることで、長期間の使用ができる点です。インプラントの状態を保つには、定期的なメンテナンスが大切なため、通いやすく専門性の高い歯科医院を選ぶことが重要です。治療した部分以外の影響もあるため、普段から歯周病や虫歯の予防をこころがける必要があります。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラントの寿命について All rights reserved