インプラント後の失敗

インプラント後の失敗について

インプラントをした後の失敗

インプラント手術をしたけれども、その後の失敗を不安に感じてなかなか踏み出せずにいる方もいるはずです。確かに初めての手術は、色々と考えてしまします。まずは、一人で悩む前に歯科医に相談をしてみましょう。骨が柔らかい方ですと、インプラントの手術をした二週間後位に抜けてしまうという場合があります。その他にも神経を傷つけている場合など、問題があった場合はアフターケアがしっかりとしていますので、速やかに担当の歯科医に相談をするようにしましょう。何事も初めてのものには不安がつきものです。失敗しないためにも、納得がいくまで担当の医師と相談してみましょう。

インプラント治療後のメンテ

インプラント治療のその後、快適な生活を送っていくためにも、メンテナンスを行うことはとても大事なこです。まったく違和感が無く、見た目も分からないため、特別なケアを忘れてしまいます。長く使い続けていくためにも、メンテナンスは欠かせません。治療のその後のメンテナンスを怠りますと、口腔トラブルが生じやすくなり、インプラントの寿命も短くなります。歯科で指導されたセルフメンテナンスをしっかり行い、年に2~3回くらいの目安で、歯科のメンテナンスを受けます。歯科でもメンテナンスは、レントゲンて顎の骨に異常はないかを調べ、歯茎の健康状態や、虫歯や歯周病、歯周炎のチェックを行います。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラントの寿命について All rights reserved